車では入れない オランダの可愛らしい水の村

車では入れない オランダの可愛らしい水の村

 オランダ北部の小さな村、「オランダのベニス」とも呼ばれるヒートホールン。その静けさは、夢のようだ。この静寂には理由がある。車が見当たらないからだ。実は、この地区には車道がない。だから、車が通り過ぎる音は聞こえない。

 住民や旅行者は、ボートや自転車、あるいは歩いて泥炭でできた橋で結ばれた小さな島を移動することになる。迷路のような水路にかかる橋を渡ったりかやぶき屋根の農家を見たり、一人で自由に散策しよう。

「ヒートホールン」という名の由来を紹介しよう。この村が開拓された13世紀、入植者としてやって来た農民は、1170年にあった大きな洪水で死んだ野生のヤギの角を大量に見つけた。「ヤギの角」という意味の言葉が縮まって「ヒートホールン」となり、その名が定着した。大洪水から数百年経った現在も、水はこの村の歴史と風景を支えている。

 野生動物が好きなら、村からほど近いウェーリッベン=ウィデン国立公園で、カワウソ、ハシグロクロハラアジサシ、カワウ、シラサギなどの繁殖地になっている湿地やヨシ原をハイキングするといいだろう。水路を手こぎボートやカヌーで行ってもいいし、徒歩のルートもある。エンジン音などしない、自然の音が感じられる風景を五感で楽しみたい。

旅のヒント

 ナショナル ジオグラフィックの写真コミュニティ「Your Shot」に参加しているヤン・ブラウワー氏は、ヒートホールンのビネンパット運河沿いの風景を撮影した。村の橋や家を見るなら、この辺りからの眺めがとても素晴らしいと薦める。一番良い時間は午前6時。水路にボートが姿を見せる前に写真を撮りに行くといいだろう。旅行者がいなくなる夕方午後6時頃もいい。地元の安価な宿(いわゆるB&B)に一泊すれば、混雑する日帰りツアーと違って、朝夕のすばらしい景色をゆっくり楽しめる。

 ヒートホールンまでは、電車とバスを乗り継ぐ。人混みを避けるには、4〜6月か9月を選ぼう。平日に訪れるのがベストだ。「オランダのベニス」は首都アムステルダムから離れてはいるが、120キロばかり。2時間かけて、過去への時間旅行を楽しむ価値は十分ある。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ナショナル ジオグラフィック日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索