南極の棚氷が危ない、「両面」攻撃の脅威、研究

南極の棚氷が危ない、「両面」攻撃の脅威、研究

 南極大陸の氷床には、世界の海水面を約60m上昇させるだけの水が閉じ込められている。幸い、氷河が海に張り出してできる「棚氷」が、南極大陸を城壁のように囲み、内側にある陸の氷を守っている。ところが最近、この壁を上と下から破壊する現象が相次いで見つかった。

 9月25日付けで学術誌『Scientific Reports』に発表された論文によると、寒冷なはずの東南極で、夏になると棚氷の表面が解け、何万個もの湖ができるという。これは、従来把握されていた数よりはるかに多い。

 さらに、10月9日付けで学術誌『Science Advances』に発表された論文によると、西南極では、海水が棚氷の底を「川」のように流れ、氷を解かしているという。

 地球温暖化が進行すれば、この2つのプロセスが、南極大陸の棚氷とその内側にある巨大な氷河の死を早めるおそれがある。

プロセス1:青い湖による侵略

 南極を覆う氷は、寒さがゆるむ夏になるとその表面が解け、くぼみに水が流れ込んで青い湖をつくる。融水湖だ。

 この美しい湖は、氷にとっては厄介者だ。湖は暗い色をしているため日光を吸収しやすく、氷や水をさらに温めてしまうからだ。条件によっては、湖底のクレバスに水が流れ込み、その水圧で棚氷を割ってしまうおそれがある。「水圧破砕」として知られる現象だ。

次ページ:寒冷な東南極に6万5000個の湖が出現


関連記事

おすすめ情報

ナショナル ジオグラフィック日本版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る