200年前の歴史的人物をDNAで診断、初の試み

200年前の歴史的人物をDNAで診断、初の試み

 ユリウス・カエサルはてんかんだった! いやいや、軽い脳梗塞だ!

 歴史上の人物の病名や死因が、現代の枠組みを用いて診断されることがある。「遡及的診断」と呼ばれ、医学会でも定番の推理ゲームのようなものだ。その内容は、もっともらしいものから、ばかげたものまでさまざま。だがこれまで、歴史上の人物本人のDNAを使って、こうした診断が試みられたことはなかった。

 このほど、200年前の殺害現場に残されたDNAを分析し、ある歴史上の人物を苦しめていた病気の正体が判明したという研究結果が発表された。その人物とは、フランス革命期の最重要人物の一人、ジャン=ポール・マラー(1743〜1793)だ。「暗殺の天使」と呼ばれたシャルロット・コルデーにバスタブの中で殺されたことで有名だが、皮膚病を患っていたことでも知られる。今回の診断ができたのは、その殺害方法が暴力的だったせいだ。

 10月31日付けで「bioRxiv」という査読前の論文を公開するサイトに公開された研究によると、科学者たちが分析したのは、新聞紙に付着した血液から抽出したDNAだ。研究チームによると、DNA分析により歴史上の人物の病気を診断したのはこれが初めてであるだけでなく、一般的な紙からの抽出に成功したDNAの中では最も古いという。

劇的な暗殺により革命の殉教者に

 ジャン=ポール・マラーは1780年代、フランス革命を熱烈に支持するジャーナリストとして新聞『人民の友』を発刊。貧しいパリ市民から熱狂的に支持され、多くの王党派を敵に回した。

 マラーの外見は、その過激な政治的立場と同じように極端だった。彼は、パリの労働者と同じように頭にスカーフを巻き、ローブと開襟シャツを着ていた。だが、何よりも目立っていたのは皮膚病だった。マラーの皮膚は水疱だらけで、傷からは液体がにじみ出ていた。人々は彼の痛々しい姿にぎょっとし、梅毒から危険な気性まで、原因をあれこれ想像した。

次ページ:人間以外の生物のDNA


関連記事

おすすめ情報

ナショナル ジオグラフィック日本版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る