米国で、かつて英雄とされた人物の銅像の撤去が相次いでいる。

 バージニア州は、19世紀の南北戦争で奴隷制度を支持する南部の州として戦った。その州都リッチモンドに、モニュメント・アベニューと呼ばれる大通りがある。ここにはかつての南部軍人の像が立ち並んでいるが、今、それらが次々に倒され、撤去されている。州知事は、南軍司令官だったロバート・E・リー将軍の像の撤去を正式に発表した。

 奴隷制度を支えた歴史的人物の像を撤去する動きは、かつての米国の大統領や、世界の「偉人」たちにも拡大しつつある。ジョージ・ワシントン初代米国大統領、ユリシス・S・グラント大統領、セオドア・ルーズベルト大統領のほか、英国では植民地時代の政治家ウィンストン・チャーチル、セシル・ローズ、さらにはインド独立の父マハトマ・ガンジーの像まで標的になっている。

 公共の芸術作品や記念碑には、植民地政策や奴隷制度、白人至上主義の歴史を背景に持つものが少なくない。現在起きているのは、そうした歴史をいかに伝えるべきか、どう理解されるべきかを見直そうとする動きだ。

 きっかけは、2020年5月25日にミネアポリスで黒人男性のジョージ・フロイドさんが警官に取り押さえられて殺された事件だった。その一部始終を撮影した動画が出回ったことで、警官の暴力や黒人差別に対する抗議活動が全米で巻き起こった。だが、この事件が起こるずっと以前から、変化を求める声はあった。フロイドさんの死は、それに火を付けたのだ。

 だが難しいのは、何を見直し、切り捨てるべきかという問題だ。より完全な形で、正直に伝えるべき物語とは何か。歴史はどのように教えるべきなのだろうか。

次ページ:世界中で変化が起きている