フォトジャーナリストのジョシュア・イルワンディ氏は、インドネシアの病院で働く人々への密着取材を行い、プラスチックシートで全身を包まれたCOVID-19で亡くなった犠牲者をとらえた印象的な1枚を撮影した。撮影にあたっては、被写体となった人物の特徴や性別がわからないよう、細心の注意を払った。

 ナショナル ジオグラフィック協会の支援で、ナショジオの記事(2020年8月号「パンデミックと闘い続ける人類」)のために撮影されたこの写真は、インドネシアに暮らす2億7000万の人々の心を揺るがした。今回の世界的なパンデミックに対して、インドネシア政府は消極的とも思える姿勢を見せていた。20年3月には、ジョコ・ウィドド大統領が、効果が証明されていないハーブ療法を勧めていると報じられた。

 ただ、ウイルスによる苦しみを人間の姿として提示したイルワンディ氏の写真に対する反応は、肯定的なものばかりではなかった。

 イルワンディ氏の写真がテレビのニュース番組で紹介されると、同国のコロナウイルス対策チームの広報担当が拡散。さらに他のメディアも、イルワンディ氏の同意を得ないまま、ニュース画面をキャプチャーしてすぐに報道に利用した。そして、米国でナショジオの記事が2020年7月14日に公開されると、イルワンディ氏のインスタグラムの投稿に34万人以上が「いいね」を押す。ちなみに米ナショジオのインスタグラムにもこの写真は投稿され、数時間で100万の「いいね」がついた。

「写真をきっかけに、コロナウイルスについての議論が活発になったことは間違いありません」と、インドネシアの自宅でイルワンディ氏は語った。「わたしたちは、医師や看護師のみなさんが払っている犠牲と、彼らがさらされているリスクを認識すべきです」

 米国際写真センターの名誉館長フレッド・リッチン氏も、イルワンディ氏の写真が議論の突破口となったことは間違いないと言う。「まるでミイラのように体をぐるぐる巻きにされているのです。誰もが目を背けることができず、またコロナの恐怖も感じます」

 さらにリッチン氏は、遺体との間に距離感にも言及する。「私はこの写真を見て、だれかが放り出されて透明なシートで包まれ、消毒液をかけられ、ミイラのようにされ、人間性を奪われ、何か別のものにでもされてしまったと感じました。誰しもウイルスに近づきたくはありません。だから、ウイルスに感染した人を、自分たちとは別の何かに仕立てたのでしょう」

次ページ:フォトジャーナリストの使命