ダンシングが差し切り重賞3勝目/サイネリア賞・佐賀

 14日、佐賀競馬場で行われた第4回サイネリア賞(3歳上・ダ1400m・1着賞金60万円)は、中団でレースを進めた真島正徳騎手騎乗の2番人気ダンシング(牝5、佐賀・真島元徳厩舎)が、直線で脚を伸ばして、早め先頭から粘る5番人気カシノソラーレ(牝7、佐賀・東美義厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分29秒5(重)。

 さらに1馬身差の3着に4番人気リトルカントリー(牡6、佐賀・九日俊光厩舎)が入った。なお、1番人気サーストンデンバー(牡8、佐賀・山田義人厩舎)は4着、3番人気ウインヴォルケーノ(牡4、佐賀・大島静夫厩舎)は5着に終わった。

 勝ったダンシングは、父アッミラーレ、母ミルフィーユ、その父リアルシャダイという血統。重賞はこれで3勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆ダンシング(牝5)
騎手:真島正徳
厩舎:佐賀・真島元徳
父:アッミラーレ
母:ミルフィーユ
母父:リアルシャダイ
馬主:副島義久
生産者:大西ファーム
通算成績:37戦7勝(JRA19戦1勝・重賞3勝)

ニュースをもっと見る

関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

22時43分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索