ロンドンタウンが差し切りV! 日本レコードで重賞2勝目/エルムS

 13日、札幌競馬場で行われたエルムS(3歳上・GIII・ダ1700m)は、好位の内でレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の5番人気ロンドンタウン(牡4、栗東・牧田和弥厩舎)が、直線で外に持ち出して、先行して競り合う1番人気テイエムジンソク(牡5、栗東・木原一良厩舎)・8番人気ドリームキラリ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)を差し切り優勝した。勝ちタイムは1分40秒9(重、日本レコード)。

 1/2馬身差の2着争いは、テイエムジンソクに軍配が上がった。ハナ差でドリームキラリが3着。なお、2番人気ピオネロ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)は7着、3番人気モンドクラッセ(牡6、美浦・清水英克厩舎)は10着に終わった。

 勝ったロンドンタウンは、父カネヒキリ、母フェアリーバニヤン、その父Honour and Gloryという血統。今年2月の佐賀記念に続く重賞2勝目、JRAでは初めての重賞制覇を果たした。また、父カネヒキリにとってもこれが産駒のJRA重賞初勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ロンドンタウン(牡4)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・牧田和弥
父:カネヒキリ
母:フェアリーバニヤン
母父:Honour and Glory
馬主:薪浦亨
生産者:松浦牧場
通算成績:19戦6勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2017年佐賀記念(GIII)

関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索