レイデオロ鞍上ルメール騎手「馬が大人になったと思います」/ジャパンC共同会見

レイデオロ鞍上ルメール騎手「馬が大人になったと思います」/ジャパンC共同会見

 ジャパンC(GI・東京芝2400m)に出走する今年のダービー馬レイデオロ(牡3・美浦・藤沢和雄)。騎乗するC.ルメール騎手と管理する藤沢調教師が、共同記者会見に臨んだ。

■ルメール騎手

(今日の追い切りについて)
「先生からの指示は好きに乗ってください(笑)。3頭の1番後ろから、直線でよく動いていました。馬のコンディションはとても良くて、完璧でした。追い切りのあと、全然疲れていませんでした。血管も見えていました。コンディションがトップになったと思います」

(前走の神戸新聞杯・GII・1着後はまだ100%ではない、さらに良くなると言っていたが、その通りに?)
「はい。休み明けから良くなったと思います。休み明け前の週の追い切りは良くなっていましたけど、まだフルパワーを使えませんでした。休み明けからパワーアップして、コンディションがもっと良くなりました。今日はとても良い感じでした。最初からハミを取っていましたし、直線で良い反応でした。すごく嬉しいです」

(フルパワーを出せる状態?)
「朝だからレイデオロは、フルパワーを使っていません。いつも競馬に能力をキープしています。今朝はフットワークと息がとても良かったです。朝の調教は賞金がないですから(笑)。パワーをキープしています」

(あくまでフルパワーはレースで?)
「そうそう。レースでいつも強いですね。ダービーと神戸新聞杯の日は強かったです。まだリミットがわからないですね。楽しみです」

(ダービーと比べて成長した点、変わった点は?)
「馬が大人になったと思います。今はリラックスして、追い切りの前もすごく静かです。前はテンションがちょっと高く、汗が出たり、ちょっとチャカチャカしていました。今はとても静かで大人しくなって、それがとても良いポイントです。だから大きなレースの前にパワーをキープすることができると思います。そしてもっと走れますね」

(今回は古馬と初対戦になるが?)
「はい、それが大切ですね。でも今は秋ですから、今は大人ですね。体がトップコンディションになりました。初めてですけど、自信はあります」

(マークする相手は?)
「もちろんいますね。キタサンブラックが1番強い。ライバルですね。秋の天皇賞は強かったです。ジャパンCでまた大きなチャンスがあります。できればキタサンブラックをマークしたいです。でもジャパンCです。例えばサトノクラウン、ソウルスターリング、たくさん強い馬がいますから楽しみです。頑張りたいです」

(イメージしているレースは?)
「まだありません。レイデオロはポジションはどこでも取れます。この間は休み明けで、私はビックリしました。すごく良いスタートだったので、良いポジションを取ることができました。そのポジションですごくリラックスして、それでまた伸びました。だからスタートやペースによります。まだレースのイメージはありません」

(あくまでスタートしてから?)
「そうです。藤沢先生はレース前、作戦を言っていません。だからお任せしてくれると思います」

(最後にファンへのメッセージを)
「今週はジャパンCです。日本で1番強いレースです。だから皆さん、レースを見てください。たくさん強い馬がいますが、レイデオロを応援してください。どうもありがとうございます」

■藤沢調教師

(前走を振り返って)
「休み明けでしたが、とても強い内容で一安心しました」

(春と比べて変わった点は?)
「出張競馬だったのですけど、落ち着いていましたし、ゲートもいつになくスムーズにスタートできたので、その辺が良かったと思っています」

(この中間の過程は?)
「前走後は放牧に出ていつものように調整して、1か月前に帰ってきたのですけど、わりとゆったりしたローテーションだったので、順調にペースアップしてきています」

(1度使われた上積みがある?)
「休み明けの時よりはそんなに強い調教でもないですから、馬が落ち着いて良い感じに来ていると思います」

(今朝のウッドチップコース3頭併せの追い切りについて)
「先週もやってあるので、今週はそんなに速い時計ではないですが、追走も楽でしたし、併走も良い感じで穏やかに走っていたので一安心しています」

(大一番へ向けて力の出せる状態?)
「相手はともかく、本人は体調良さそうなので安心しています」

(追い切り後、ルメール騎手とはどんな会話を?)
「先週も随分良くなっていると言っていましたし、順調だということで喜んでいました」

(自信を持ってレースに送り出せる?)
「そうですね、順調なので頑張ってもらいたいです」

(古馬の一線級との対戦になるが?)
「3歳馬は大変なレースなので、まだ来年もありますから、古馬と一緒に走って胸を借りて何とか頑張ってもらいたいです」

(王者キタサンブラックと今年のダービー馬の対決に関心が集まると思うが?)
「私の馬は3歳限定で競馬をしていたのですが、やはり古馬はこれまで何年か頑張ってきて、2400が得意な馬たちが何頭もいるので大変だと思いますけど、2キロハンデを頂いているので、頑張ってもらいたいなと思います」

(勝利をつかむためのポイントは?)
「今までスタートが上手ではなかったのですが、前走は良かったので、前走くらい一緒にスタートを切ってやはり好位で競馬をできるようになると良いかなと思っています」

(どんなレースにも対応できるようになった?)
「そうですね、非常にペースが遅かったダービーはともかく、前走の競馬はとても良かったので、あのような競馬をしてもらいたいです」

(取材・写真:佐々木祥恵)

関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索