【独・ベルリン大賞】ゴドルフィンのベストソリューションが接戦制す/海外競馬レース結果

 12日にドイツのホッペガルテン競馬場で行われたベルリン大賞(G1・芝2400m・7頭)は、最後方から進めたP.コスグレイヴ騎手騎乗のベストソリューション(牡4、英・S.ビンスルール厩舎)が、直線で内から脚を伸ばし最後はゴール前の接戦から抜け出し優勝した。勝ちタイムは良馬場で2:29.35。

 2着はクビ差でサウンドチェック(牡5、独・P.シールゲン厩舎)、3着は1/2馬身差でロイヤルユームザイン(牡3、独・A.ヴェーラー厩舎)が入った。ロイヤルユームザインと並んで人気のチンギスシークレット(牡5、独・M.クルーク厩舎)は4着となった。

 ベストソリューションは父Kodiac、母Al Andalyya、その父Kingmamboという血統。オーナーはゴドルフィン。これまで2度のG1での2着や重賞の勝利はあったもののG1タイトルはなかった。今回、前走のプリンセスオブウェールズS(GII・芝2400m)からの連勝でついに待望のG1勝利を手にした。


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索