【勝負の分かれ目 朝日杯FS】M.デムーロ騎手の一気の仕掛け。馬体を併せた数秒間で勝負を決した。

【勝負の分かれ目 朝日杯FS】M.デムーロ騎手の一気の仕掛け。馬体を併せた数秒間で勝負を決した。

 小雨が舞うなかゲートが開き、第70回朝日杯FSの出走馬15頭がターフに飛び出した。

 出遅れが心配されていた、クリストフ・ルメールが乗る1番人気のグランアレグリアはまずまず速いスタートを切った。

ミルコ・デムーロのアドマイヤマーズもポンとゲートを出たが、それらを制してイッツクールがハナに立った。

道中は、逃げるイッツクールの2馬身ほど後ろにグランアレグリア、そこから2、3馬身離れた3番手にアドマイヤマーズがつけた。

グランアレグリアもアドマイヤマーズもやや引っ張り加減の手応えで進んでいる。

前半800m通過は47秒7。それほど速くはない平均ペースだ。

先行集団はそのままの馬順で4コーナーを回った。

直線に入り、グランアレグリアが先頭のイッツクールの外から並びかけようとしたとき、さらに外からアドマイヤマーズが一気に加速し、グランアレグリアに馬体を併せてきた。

けっして大きく内に切れ込んだりはしていないのだが、威圧するには充分な並びかけ方だった。

びっしり併せる形になったのは数完歩、ほんの数秒だったが、牡馬が牝馬を負かすにはこうするのだ、というお手本のような形になった。

そこからアドマイヤマーズは力強く末脚を伸ばした。

「思っていたとおり、グランアレグリア見ながらレースができた。直線もいい脚を使って、負ける気がしなかった」とデムーロ。

グランアレグリアは、ラスト200m手前でイッツクールをかわし切って、アドマイヤマーズと馬体を離すと、また盛り返した。

しかし、伸びつづけるアドマイヤマーズを脅かすところまではいかなかった。

道中は好位の内につけていたクリノガウディーが馬場の真ん中に持ち出し、猛然と差を詰めてきたが、アドマイヤマーズは、後ろから来られれば、来られただけ伸びるという、父ダイワメジャー譲りの勝負強さで抜かせない。

アドマイヤマーズが、2着クリノガウディーに2馬身差をつけ、先頭でフィニッシュ。無傷の4連勝で、2歳王者の座に大きく前進した。

グランアレグリアは2着から半馬身差の3着。1馬身半差の4着は、武豊のファンタジストだった。

「強い。どんどん成長しているし、頭がいい。距離はもう少し伸びても大丈夫」

父の背を知るデムーロとのコンビで、来春も楽しませくれそうだ。

(文:島田明宏)


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索