【船橋・ダイオライト記念】川崎記念の上位馬が再戦 昨年は三連複140円と堅い決着に/地方競馬見どころ

【船橋・ダイオライト記念】川崎記念の上位馬が再戦 昨年は三連複140円と堅い決着に/地方競馬見どころ

 本日13日に船橋競馬場で行われるダイオライト記念(4歳上・JpnII・ダ2400m・1着賞金3200万円)。昨年は中央所属馬3頭が3着までを占め、複勝すべて元返しの堅い決着となった。今年はGI/JpnIの勝ち馬5頭を含む13頭が出走する(ヤマノファイトは競走除外)。

 ミツバ(牡7、栗東・加用正厩舎)は、前走の川崎記念で、直線他馬の間を割って抜け出る力強い走りでJpnI初勝利を挙げた。2着馬ケイティブレイブは昨年のダイオライト記念勝ち馬。引き続き和田竜二騎手とのコンビで重賞連勝なるか。

 そのミツバに名古屋グランプリで先着しているチュウワウィザード(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)。前走の東海Sは、勝ち馬インティに屈するも、上がり最速で3着以下に7馬身差をつけたことを考えれば、完全に本格化したといっていいだろう。今回は好枠の最内から重賞2勝目を狙う。

 前走の大井・金杯で移籍後初勝利を挙げたサウンドトゥルー(セ9、船橋・佐藤裕太厩舎)は、2016年のチャンピオンズC・2017年のJBCクラシックの覇者。船橋コースでは、5回走って馬券外はわずか1度のみと実績ならメンバー中上位。地方馬としてフリオーソ以来10年ぶりの勝利となるか。

 オールブラッシュ(牡7、栗東・村山明厩舎)は、2走前の浦和記念で久々の勝ち星を挙げ、前走の川崎記念でも3着に入っている。前走は先行策、2走前は道中でまくりを見せた。今回はどのようなレース運びとなるか。

 他にも昨年の南関クラシック路線を賑わせたハセノパイロ(牡4、船橋・佐藤賢二厩舎)や2016年の東京大賞典の勝ち馬・アポロケンタッキー(牡7、栗東・山内研二厩舎)なども出走する。

 16:00時点でのオッズは以下の通り。発走は20:05。天候は曇、馬場は重となっている。

※人気順 馬名 騎手 オッズ
1 チュウワウィザード 川田将雅 1.5
2 ミツバ 和田竜二 4.7
3 オールブラッシュ 田辺裕信 7.8
4 アポロケンタッキー 戸崎圭太 8.9
5 サウンドトゥルー 御神本訓史 9.0
6 ハセノパイロ 矢野貴之 43.5
7 トーセンマタコイヤ 森泰斗 46.4
8 ディアドムス 岡部誠 324.0
9 カンムル 左海誠二 337.8
10 アサヤケ 岡村健司 396.2
11 カガノカリスマ 渡辺竜也 421.5
12 チェダー 池田敏樹 455.4
13 コスモマイギフト 大原浩司 519.8


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索