【名古屋大賞典】過去10年はすべて中央馬が連対 4歳馬2頭が上位人気に/地方競馬見どころ

【名古屋大賞典】過去10年はすべて中央馬が連対 4歳馬2頭が上位人気に/地方競馬見どころ

 本日14日に名古屋競馬場で行われる名古屋大賞典(4歳上・JpnIII・ダ1900m・1着賞金2100万円)。交流重賞では初めて女性騎手が競演するなど話題の一戦に。過去10年で地方馬として馬券内入ったのは、2017年に3着したカツゲキキトキトのみと中央勢が圧倒。今年は中央馬5頭を含む12頭が出走する。

 武豊騎手が騎乗するグリム(牡4、栗東・野中賢二厩舎)は、前走の名古屋グランプリで3着に敗れたものの、先着を許した2頭は今年の川崎記念覇者のミツバと昨日のダイオライト記念を制したチュウワウィザード。レパードS、白山大賞典に続く重賞3勝目を狙う。

 前走の佐賀記念をレースレコードタイで制し、重賞初制覇を果たしたヒラボクラターシュ(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)は、これまでの5勝がすべて右回りでのもの。昨年のレパードSではクビ差でグリムの2着となっており、リベンジなるか。鞍上は福永祐一騎手。

 昨年度の兵庫年度代表馬に選出されたマイタイザン(牡6、兵庫・新井隆太厩舎)は、昨年から7戦して重賞4勝を含む6勝を挙げている。特に前走の梅見月杯は2着馬に1.3秒差をつける圧勝劇となった。デビューから鞍上を務める杉浦健太騎手とのコンビも心強い。

 アナザートゥルース(セ5、美浦・高木登厩舎)は、前走のアレキサンドライトSが、早め先頭に立って押し切る強い内容。半兄はGI/JpnIで3勝を挙げているサウンドトゥルーだけに、重賞初挑戦でも期待したいところ。

 他にも前走の仁川Sを快勝しているテルペリオン(牡5、栗東・寺島良厩舎)が出走し、女性騎手の木之前葵騎手と宮下瞳騎手は、それぞれカツゲキライデン(牡8、愛知・錦見勇夫厩舎)、リョーシンヒナタ(牝6、愛知・塚田隆男厩舎)に騎乗する。

 12:00時点でのオッズは以下の通り。発走は16:20。天候は晴れ、馬場は稍重となっている。

※人気順 馬名 騎手 オッズ
1 グリム 武豊 2.0
2 ヒラボクラターシュ 福永祐一 2.8
3 テルペリオン 松若風馬 5.2
4 アナザートゥルース 大野拓弥 10.9
5 キクノルア 浜中俊 24.9
6 マイタイザン 杉浦健太 37.2
7 ブランニュー 岡部誠 213.2
8 リョーシンヒナタ 宮下瞳 243.5
9 カツゲキライデン 木之前葵 249.2
10 サザンオールスター 大畑雅章 288.5
11 エスタシオン 丸野勝虎 320.7
12 ラモントルドール  加藤誓二 331.1


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索