【愛・ナショナルS】ピナトゥボが9馬身差圧勝、無傷5連勝で2歳G1制覇

 現地時間15日、アイルランドのカラ競馬場でG1・ナショナルS(2歳牡牝・芝1400m・8頭立て・1着賞金22万8000ユーロ=約2724万円)が行われた。

 一団となった馬群から、1番人気のピナトゥボ(牡2、W.ビュイック騎手)が直線で抜け出すと、最後は2着アーモリー(牡2、R.ムーア騎手)に9馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分21秒82(良)。

 ピナトゥボは父Shamardal、母Lava Flow、その父Dalakhaniという血統。イギリスのC.アップルビー厩舎の管理馬。重賞は前走のヴィンテージS(英G2)に次いで2勝目。通算成績は5戦5勝。

 また、鞍上のビュイック騎手、管理するアップルビー厩舎、馬主のゴドルフィンはいずれも、昨年のクオルトに続くナショナルS連覇を達成した。


関連記事

netkeiba.comの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索