英愛でG1・4勝をあげたアザムールの母、アスマラ(牝27)が死亡したことがわかった。けい養先のアガカーンスタッドが現地時間14日、公式ホームページで発表した。

 アスマラは父Lear Fan、母Anaza、その父Darshaanという血統。現役時代は1996年のトリゴーS(愛・リステッド)を制した。

 産駒のアザムールは2004年のセントジェームズパレスS(英G1)、愛チャンピオンS(愛G1)、2005年のプリンスオブウェールズS(英G1)、キングジョージ(英G1)を制覇。

 種牡馬としても活躍し、産駒にはG1馬のドルニヤ・カヴァートラブ・ヴァリラ・アロイジア、ダノンメジャーの母ヴィヤダーナなどがいる。

 また、孫のジオータムサンもオーストラリアでG1・5勝をあげる活躍を見せた。同馬の母アズミーナ(アスマラの娘)は、ディープインパクトが最終年の2019年に種付けを行った24頭のうちの1頭となっている。