15日、姫路競馬場で行われた香美町但馬牛特別(ダ1500m・12頭)は、中団からレースを進めた鴨宮祥行騎手騎乗の1番人気パイロスター(セ8、兵庫・渡瀬寛彰厩舎)が直線で外から末脚を伸ばし、さらに外から追い込んだ5番人気コウエイタケル(牡9、兵庫・織田誠厩舎)に2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分37秒1(良)。

 さらに3/4馬身差の3着には6番人気タラニス(牡5、兵庫・住吉朝男厩舎)が入った。3番人気エイシンミコノス(牡7、兵庫・森沢友貴厩舎)は4着、2番人気タガノカピート(牝6、兵庫・新子雅司厩舎)は12着だった。

 パイロスターは父パイロ、母クラクエンキャット、その父タバスコキャットという血統。門別から転入初戦の前走、園田で行われた酒米の王様山田錦杯に続く連勝となった。通算成績は48戦8勝。