13日の中山2Rで落馬した菅原明良騎手は、右大腿骨頚部骨折、腰部打撲、背部打撲と診断されたことが15日、わかった。全治までは2、3ヶ月とのこと。

 菅原騎手は今年デビュー2年目の18歳。昨年は関東の新人最多の31勝をあげ、民放競馬記者クラブ賞を受賞している。