昨年の凱旋門賞(GI・11着)以来となるブラストワンピース(牡5・美浦・大竹正博)が、16日(木)、AJCC(1/26・GII・中山芝2200m)に向けてウッドチップコースで1週前追い切りを行った。マサノアッレーグラ(牝5・1勝クラス)を3馬身ほど追走して、直線では1馬身ほど先着という内容だった。大竹調教師のコメント。

「凱旋門賞は馬場が影響しましたね。下を気にしていたのか、スタートして間もなく手応えがなくなってしまいました。レース後はそれなりにダメージがありましたので、有馬記念はパスをしてこのレースにしましたが、牧場ではすぐに普通のところを乗れていたようです。

 美浦には1月4日に帰厩しましたが馬体重が560キロと過去最高で、脂肪はさほどついてはいないのですが、今も同じ数字です。

 今朝の追い切りは順調に予定通りでしたが、追いかけたにしては動きがモタモタしていた感じがします。このひと追いで変わってほしいですね。

 海外帰りなので慎重にはなりますが、力を出してくれればと思います」

(取材・文:佐々木祥恵)