今週の栗東は22日が今季一番の冷え込みとなり、調教開始前の気温が-1℃。この季節らしい極寒だったが、陽が昇り始めると気温も上昇していく、今の冬を象徴するような天気。追い切りが集中する日としては、絶好の日和だったと言えるかも知れない。

 翌日23日は一転して雨。強く降る時間帯もあり、馬場への影響はかなり大きかった。とはいえ、坂路とCコースではその影響に差があるので、これに関しては各項で取り上げたいと思う。

【坂路/4F51.9秒】
 1月22日。一番時計はワルツフォーデビー(栗東・森秀行厩舎)の4F50.3秒。4F50秒台はこれを含めて4頭もいるので、先週に比べると時計が出やすい馬場と判断してもよさそう。4F51秒前半の頭数が多い点も含め、全体的な時計の出方は間違いなく先週より速い。

 特に3F目に11秒台のラップを踏んだ馬が7頭もいたことが、それを象徴している。11.5秒という、破格といってよいラップはモズスーパーフレア(栗東・音無秀孝厩舎)。スプリントG1で2着するような快速スプリンターだから、このくらいのラップを踏んでも不思議ではないが、時計が出やすい馬場だからこそという側面も否定はできないだろう。

 一転して、時計を要する馬場状態になったのが1月23日。調教開始前から激しい雨が降り、ハロー直後の馬場でなければ、速い数字ではないような状況。ちなみに一番時計は開場直後に追い切ったモズアスコット(栗東・矢作芳人厩舎)の4F50.6秒。この数字は前日とほぼ変わらないが、二番時計以降の数字は非常に遅い。よって、時計を要する馬場状態であることは間違いない。

 そんな中、東海S(1月26日・京都ダート1800m)に向けた最終追い切りを行ったヴェンジェンス(栗東・大根田裕之厩舎)。角馬場での運動の後、幸英明騎手に乗り替わり、坂路馬場へ移動。単走での追い切りだった。

 スタートからいつも通りの右ラチ沿い。前半をかなりゆっくり入って、馬のリズムを重視するような走り。後半は少しラップが速くなったが、全体時計は4F57.2秒と非常に遅い数字だった。

 ただ、強調したいのは後半の時計。2F25.9〜1F12.4秒ということで、ゴールへ向かってしっかりと加速できている。1回目のハロー後の追い切りだったとはいえ、馬場はかなり踏み荒らされており、テンから無理をすれば、終いは止まるような馬場。そこを自分のペースで駆け上がって、終い最速ラップだった点は評価すべきだろう。

 先週の馬場差は「±0.0秒」。今週は水曜日と木曜日で一転する馬場状態となったが、22日は基準時計よりも速い馬場なので『-0.2秒』で記録。23日に関しては、雨の影響を受けた馬場なので『+0.7秒』で記録している。

【CW/5F66.0秒】
 1月22日。先週から走りやすい馬場状態に戻ったCコース。この日は天気が良いこともあり、馬場状態としては先週とほぼ変わりないような状態。2回目のハローが終了した時間帯に追い切ったスマートセラヴィー(栗東・矢作芳人厩舎)が5F62.5秒という時計を楽にマークしたあたり、スピードの持続が可能な馬場状態といった感じがする。

 1月23日。雨が降る馬場状態だけに、各陣営とも時計の出方を気にしながらの調整。テンをゆっくり入っている追い切りが多い分、5F時計は遅くなっているが、ラスト1Fで11秒台をマークすることは難しくない。実際、そういった追い切りが目立ったし、6Fで85秒以上という遅い数字なら、ラストは伸びて当然と思ってもよいくらい。つまり、馬場状態としては、坂路ほど時計を要する状態になっていないということ。

 先週の馬場差は「-0.5秒」。22日に関しては、ほぼ同じような馬場差で考えてよいので『-0.5秒』で記録。23日に関しては、決して走りにくい馬場ではないものの、さすがに23日よりは時計を要する状態になっているはずなので『-0.3秒』で馬場差を記録している。

【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 今週の芝馬場は22日が友道康夫厩舎の3頭併せと藤原英昭厩舎の2頭併せがあっただけ。23日は雨の影響もあり、各陣営が追い切りを行っている。馬場状態としては、当然23日の方が時計を要する状態。よって、今週の馬場差は22日が『±0.0秒』、23日が『+1.0秒』で記録している。

 ポリトラック馬場は22日の追い切り頭数はいつもと変わりなし。ただ、23日は雨の影響があり、追い切りが増加。かなりの頭数が追い切っている。馬場状態としては両日ともさほど変わりないといってよいだろう。よって馬場差は、先週と同じ『±0.0秒』で記録している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。

(取材・文:井内利彰)