本日12日に船橋競馬場で行われる第56回報知グランプリC(4歳上・重賞・ダ1800m・1着賞金1200万円)。1・2着馬には3月11日に船橋競馬場で行われるダイオライト記念、5月5日に船橋競馬場で行われるかしわ記念への優先出走権が与えられる。また、人気となることが目されていたオールブラッシュ(牡8、大井・藤田輝信厩舎)は競走除外となった。

 ベンテンコゾウ(牡6、船橋・川島正一厩舎)は船橋競馬場で実に8戦7勝の圧倒的成績を残している。前々走はリッカルドに敗れ船橋で初の敗戦を喫したが、その次走、本レースのトライアルでもあるチバテレ盃(OP)でリッカルドを降した。得意舞台で重賞通算9勝目となるか。

 タービランス(牡7、浦和・水野貴史厩舎)はこれまでに2016年羽田盃、昨年の本レースなどの重賞勝利がある。復帰2戦目となった前走の報知オールスターCでも実績馬オールブラッシュとタイム差のない2着となっており、この臨戦過程は昨年と同様。連覇で1年ぶりの勝利を狙う。

 他にも、重賞6勝のヤマノファイト(牡5、船橋・矢野義幸厩舎)、大師OPを圧勝して南関東転入後初勝利を挙げたマイネルバサラ(牡7、浦和・小久保智厩舎)、地方初戦となるJRA・OP2勝馬コパノチャーリー(牡8、船橋・新井清重厩舎)、ダートグレード競走の好走歴もあるサルサディオーネ(牝6、大井・堀千亜樹厩舎)らも参戦する。

 発走は19時15分。