2月13日。明け方に降った雨も調教開始時刻には止み、CWコース2回目のハロー終了後には青空になった栗東。そんな時間帯に中山記念(3月1日・中山芝1800m)に向けた2週前追い切りを行ったのが、ペルシアンナイト(栗東・池江泰寿厩舎)。

 3頭の真ん中に位置していて、先頭がサトノケンシロウ、後方がトゥザフロンティアという隊列。2馬身ずつくらいの間隔だったが、それを保ったまま3コーナーへ入っていき、最後の直線に向く時にそれぞれの差を詰めていく。

 残り350mのあたりで3頭が並ぶが、抜け出してきたのはペルシアンとトゥザ。ここの追い比べはほぼ互角といった感じでゴールへ入り、ゴールを過ぎたあたりではペルシアンの脚色に余裕を感じた。

 時計は6F81.7〜5F66.7〜4F51.8〜3F37.6〜1F11.5秒。追い切りは動いても、休み明けは今ひとつというタイプではあるが、それを分かっていてもこの内容なら、といった感じ。来週以降、機敏さが出てくるようだと、より状態が上がっているということになりそうだ。

(取材・文:井内利彰)