13日、名古屋競馬場で行われた第21回梅見月杯(4歳上・重賞・ダ1900m・1着賞金500万円)は、先手を取った宮下瞳騎手騎乗の2番人気ポルタディソーニ(牝6、愛知・瀬戸口悟厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、好位から差を詰めた4番人気サンデンバロン(牡8、愛知・塚田隆男厩舎)を1/2馬身差振り切って優勝した。勝ちタイムは2分4秒8(稍重)。

 さらに4馬身差の3着に5番人気エイシンミノアカ(牝7、兵庫・橋本忠明厩舎)が入った。なお、3番人気パイロスター(セ8、兵庫・渡瀬寛彰厩舎)はエイシンミノアカと3馬身差の4着、1番人気マイタイザン(牡7、兵庫・新井隆太厩舎)は6着に終わった。

 勝ったポルタディソーニは、父ネオユニヴァース、母イズミコマンダー、その父コマンダーインチーフという血統。2018年に続く2度目の梅見月杯制覇を果たした。通算成績はこれで42戦15勝(重賞4勝)。