15日、東京競馬場で行われた新馬戦(3歳・芝1800m・14頭)は、好位の内でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の4番人気ロッタチャンセズ(牝3、美浦・堀宣行厩舎)が、逃げ粘る3番人気タツオウカケンラン(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)をゴール寸前で差し切り、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分51秒5(良)。

 さらにアタマ差の3着に6番人気メイショウカイコウ(牡3、美浦・和田勇介厩舎)が入った。なお、1番人気アルベロベッロ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)はメイショウカイコウと1.1/2馬身差の4着、2番人気ショウナンハリマオ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)は10着に終わった。

 勝ったロッタチャンセズは、父ディープインパクト、母は米GIの勝ち馬ワッツダチャンセズ、母の父Diamond Greenという血統。