15日、小倉競馬場で行われたあすなろ賞(3歳・1勝クラス・芝2000m)は、後方2番手でレースを進めた藤岡佑介騎手騎乗の2番人気ファルコニア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が、3〜4コーナーで大外を回って追い上げて直線でも脚を伸ばし、2着の1番人気レザネフォール(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)との追い比べをハナ差制して優勝した。勝ちタイムは2分1秒4(良)。

 さらに2馬身差の3着に5番人気スペースシップ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、3番人気アイロンワークス(牡3、栗東・高橋義忠厩舎)は5着に終わった。

 勝ったファルコニアは、父ディープインパクト、母カンビーナ、その父Hawk Wingという血統。先月の未勝利戦に続く2連勝を飾った。