20日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(3歳・ダ1800m・16頭)は、先手を取った川田将雅騎手騎乗の1番人気リーガルマナー(牡3、栗東・中内田充正厩舎)が、楽な手応えのままゴールまで逃げ切り、2着の5番人気ヴェラアズール(牡3、栗東・渡辺薫彦厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分55秒7(良)。

 さらに3馬身差の3着に2番人気トキノソマリ(牡3、栗東・寺島良厩舎)が入った。なお、3番人気スコーレ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は11着に終わった。

 勝ったリーガルマナーは、父ロードカナロア、母エレガントマナー、その父シンボリクリスエスという血統。

 西日本における現3歳世代の新馬戦は、本レースをもって終了した。