22日に行われるスプリングS(3歳・牡牝・GII)の舞台となる中山芝1800m。このコースについて解説していく。なお、中山競馬場の芝コースは内回りと外回りがあるが、芝1800mは内回りを使用する。

 中山競馬の1周距離は内回りが1667.1m、外回りが1839.7m。その特徴は全体の高低差で、5.3mは日本最大となる。また四大場でありながら、ゴール前直線が310mしかない点はしっかり頭に入れておきたい。

 中山芝1800mはスタンド前直線の半ばからのスタート。つまりスタートと同時に上り坂となる。初角となる1コーナーまでの距離は205m(Aコース使用時)と短く、上りスタートとも相まって、先行争いは激しくなりにくい。

 1〜2コーナー中間で最頂部を迎え、そこから向正面半ばにかけて4mほど下る。その後、4コーナーまではほぼ平坦。最後の直線は310mで、残り180mから残り70mの地点に高低差2.2mの急坂が待ち構えている。

 コース全体の起伏は高低差5.3m、直線の急坂を2度超えるというタフなコース設定となっている。ただし、前述の通り、先行争いは激しくなりにくく、また、内回りコースは使用頻度が少なく芝が良好な状態で保たれやすいため、逃げ・先行馬の活躍が目立っている。スプリングSでは近5年続けて4角2番手以内の馬が馬券に絡んでいる。ただし、逃げていたのは16年2着のマイネルハニーのみなので、逃げ有利というよりは、道中で動いていける自在性、操縦性の良さが重要だと言えるだろう。

 2回中山は全9日間ともAコースを使用。したがってスプリングSはAコース9日目(最終日)ということになる。

 先週土曜は雪が降る中での開催となり、良からスタートしたものの最終的に不良馬場まで悪化。中山芝が不良となるのは約6年半ぶりで、路盤改修工事以降では初めてのことだった。かなり馬場悪化が進んでいることに加え、スプリングSは3日連続開催の最終日。馬場適性の差が大きな鍵となりそうだ。