netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がったスプリングSの「ゴールデンコンビ」はこちら。

【角居勝彦厩舎×M.デムーロ騎手(ファルコニア)】

 直近5年、角居勝彦厩舎の馬で最も勝利を挙げているのが44勝のM.デムーロ騎手。次位のC.ルメール騎手が19勝だからダブルスコアとなる圧倒的な数字で、44の勝利の中には、15年チャンピオンズC(サンビスタ)、15年朝日杯FS(リオンディーズ)、17年菊花賞(キセキ)という3つのGIレースが含まれている。182回騎乗しての複勝率57.1%は、まさに主戦と呼ぶのにふさわしい安定感だ。「直近1年」では複勝率48.5%と数字が下がっているが、M.デムーロ騎手自身がやや不振だったことを思えば許容範囲だろう。

 ファルコニアは社台サラブレッドクラブで募集価格1億3000万円という良血馬。前走のあすなろ賞ではハナ差の接戦を勝ち切り、ここへと駒を進めてきた。21年2月での解散を表明している角居調教師にとって、クラシック挑戦はこの世代が最後。主戦騎手による渾身の手綱捌きを期待したい。