3月21日、オーストラリアを代表するレースでもあるゴールデンスリッパーを含む5つのG1レースが、コロナウイルスの影響で無観客開催となったローズヒル競馬場で行われた。

 オーストラリア4大レースの一つ、G1・ゴールデンスリッパー(芝・1200m)を優勝したのは一番人気に支持されていたファーナン。管理するゲイ・ウォーターハウス調教師得意の積極的な逃げから、直線では馬場の真ん中へ進路を取り力強く伸びて1着でゴール板を駆け抜けた。鞍上はヒュー・ボウマン騎手、オーストラリアの名牝ウィンクスの鞍上として知られる同騎手は、これがゴールデンスリッパー初勝利となった。

 二番人気に支持されていたロードカナロア産駒のタガロアは直線伸び切れず4着まで。

 G1・ローズヒルギニーズ(芝・2000m)では、昨年のコックスプレートでリスグラシューの2着となったキャステルベッキオが見事に復活V。

 G1・ランヴェットS(芝・2000m)は、最後の直線では英国馬アデイブとベリーエレガントの一騎打ちとなったが、前走の英チャンピオンSで日本馬ディアドラにも先着したアデイブに軍配が上がった。同馬の最終目標はクイーンエリザベスS、順調にいけば日本から遠征中のダノンプレミアムと激突する。

 また、G1・ジョージレイダーS(芝・1500m)ではドリームフォースが、G1・ザ・ギャラクシー(芝・1100m)ではアイアムエキサイテッドがそれぞれ優勝した。

(取材・文:川上鉱介)