28日にドバイのメイダン競馬場行われるドバイターフ(G1・芝1800m)に出走を予定していたが、同レース(を含むドバイワールドCデー諸競走)が開催中止となったウインブライト(牡6、美浦・畠山吉宏厩舎)は、4月26日に香港のシャティン競馬場で行われるクイーンエリザベスII世C(G1・芝2000m)への転戦を予定していたが、これについても出走を断念することになった。所属するウインレーシングクラブが23日、ホームページで発表した。

 香港への入境時に関係者が14日間隔離されること、いったん日本に帰国した馬は3週間の検疫が必要となることから日程調整が不可能となった。今後については、現段階では6月28日に阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI・芝2200m)を次走候補としている。

 ウインブライトは父ステイゴールド、母サマーエタニティ、その父アドマイヤコジーンという血統。昨年、クイーンエリザベスII世Cと香港C(G1・芝2000m)と、香港で2つのビッグタイトルを獲得した。ウインブライトを含む、ドバイ現地入りしている日本馬は順次帰国となる。