29日に中山競馬場で行われるマーチS(4歳上・GIII・ダ1800m)有力馬の1週前トレセンリポート。

【ワイルドカード・木村哲也調教師】
「昨年末にベテルギウスS(L)に勝った後は放牧を挟んで、約40日前にトレセンに入厩して調整をしています。1週前のウッドチップコースでの追い切りは、まだ少し重い感じがしました。ただステルヴィオ(牡5・高松宮記念出走予定)と併せてレベルの高い追い切りができましたので、それが良い効果になってくれればと思います。

 以前中山で大敗(18年12月・立志S・16着)していますが、その時は後ろ脚が前脚にぶつかってしまって、前脚の蹄球を外傷をしたのが敗因だと考えています。以前よりバランスが良くなって、年齢を重ねて体も強くなってきました。前走右回りで勝っているように今はコースの回りは気にならなくはなってきていますが、右回りよりも左回りの方が楽に走れるようです」

(取材:佐々木祥恵)