岩手県競馬組合は24日、新型コロナウイルス感染症の拡大により医療機関等で深刻化しているマスク不足を受け、同日、保有しているマスク1800枚を岩手県に贈呈したと発表した。

 贈呈されたマスクは、県内の感染症指定医療機関接触者外来で活用される予定。