■ダノンスマッシュに騎乗予定の川田将雅騎手

――前走のオーシャンSを振り返ってください。
川田 とてもいい内容で前哨戦を終えることができたと思います。スプリンターズSからひとつ成長した姿をみせてくれたと思います。馬がひとつ成長していましたし、競馬の内容もよりよくなりました。そういう少しずつの成長が競馬に繋がったと思います。

――課題はゲートという話がありますが。
川田 香港は行っていないのでわからないのですが、香港のときにゲートで少し悪さをして出遅れるようなかたちになっていたので用心はしていたんですけど。

 前回(オーシャンS)に関しても、入ってすぐからスタートを切れる恰好ではない状態になってしまったので。そこはとても課題として残ったなぁというところですね。

――この中間、ゲート練習をしているようですが、そのあたり陣営とお話しされましたか?
川田 練習ではまったく(悪さを)やらないと。そういう馬はたくさんいますので。競馬場でしかやらないという。当日どういう反応をするかな、というところです。

――今回は中京競馬場が舞台です。左回りで勝っていないことについては?
川田 僕はまだ左回りは乗ってないですが、特に心配していません。

――ライバル関係は?
川田 ミスターメロディとライトオンキューはドバイに行ってしまっているので、それ以外は一線級が揃ったと思っています。とてもいいメンバーで行われるGIではないかな、と思っています。

――今回の騎乗、現時点でのイメージは?
川田 枠が出てから考えます。

――週末は雨予報ですが影響は?
川田 かなりの雨予報なので馬場が悪くなるのは間違いないと思います。ただ、どういう走りをするのか、得意とも不得意ともわからないのですが、それでも走ってもらいたいと思います。

――今週はドバイが残念なことになりました。最後に意気込みを。
川田 ドバイに関連して話が二転三転して安田厩舎に非常に申し訳なく思っています。その上で三浦(皇成)くんにも1週前追い切りに乗って競馬にも乗る予定だったのに非常に申し訳なく思っています。

 ただ、オーナーからドバイがなくなったことによって改めて騎乗依頼を頂いての今回なので、ぜひとも厩舎のためにもオーナーのためにも結果を残したいという気持ちが強いです。スマッシュとともに精一杯頑張りたいと思っています。

(取材・文:花岡貴子)