28日に阪神競馬場で行われる毎日杯(3歳・GIII・芝1800m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる13回の馬券絡みがディープインパクト。次点で2回のアグネスタキオン、キングカメハメハ、ダイワメジャーが続く。

 ディープインパクト産駒は「3-5-5-14」。産駒初出走となった2011年以降で3着以内に好走しなかった年は2016年のみ。1・2人気は「3-3-3-2」勝率27.3%・複勝率81.8%という成績で、人気を踏まえれば勝ちあぐねる傾向にあることも否めないが、上位人気馬は馬券の軸としての信頼度が高い。回避見込みの馬もいるが今年もアルジャンナ、サトノインプレッサ、ストーンリッジ、ダノンアレー、プライムフェイズと5頭が特別登録している。

 また、アーヴィンド(父キズナ)、アサケエース(父ワールドエース)、スズカキング(父キズナ)の3頭はディープインパクトの孫世代として初出走。適性の高い父系を継ぐ種牡馬の産駒にも併せて注目しておきたい。なお、下級条件を含めたコース成績は、キズナ産駒「1-1-1-16」勝率5.3%・複勝率15.8%、ワールドエース産駒「2-0-1-1」勝率50.0%・複勝率75.0%、となっている。

 ルーラーシップ産駒は「0-0-1-2」。19年オールイズウェル(8人気6着)、18年ウォーターパルフェ(9人気5着)、17年キセキ(7人気3着)、と人気薄ながら善戦している様子がうかがえる。同産駒として出走するメイショウラツワンは08年の勝ち馬ディープスカイの甥にあたる血統だ。