28日に中山競馬場で行われる日経賞(4歳上・GII・芝2500m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、阪神競馬場で代替開催された2011年はデータの集計対象外とした。

 過去10年で最多となる5回の馬券絡みがハーツクライ。次点で3回のキングカメハメハが続き、2回がマンハッタンカフェ、ステイゴールド、チーフベアハート、アドマイヤドン、マーベラスサンデー、ディープインパクトとなっている。

 ハーツクライ産駒は「1-4-0-6」。ウインバリアシオンが、15年2着、14年1着、12年2着、とリピーターとして活躍するほか、18年チェスナットコート(7人気2着)、13年カポーティスター(9人気2着)が人気薄で連に絡む活躍を見せた。今年はサトノクロニクル、ポンデザールの2頭が出走予定。

 初出走のトーセンホマレボシ産駒はミッキースワローが上位人気と目される。父系祖父ディープインパクトの産駒が「0-0-2-9」と冴えない成績なだけに過信しづらいが、自身は同じコースで行われた一昨年の有馬記念でメンバー最速タイの上がりを計測している。

 同じく初出走となるディープブリランテ産駒のモズベッロもディープインパクトの孫世代。先述の通り血統面では素直に飛びつけないかもしれないが、日経新春杯からのローテーションは昨年の勝ち馬メイショウテッコンと同じ。また、同一の臨戦過程で17年シャケトラ、15年アドマイヤデウスも勝ち馬となっており、いずれも4歳馬という点でも強調できそうだ。

 ステイゴールド産駒は「1-1-0-13」。13年1着フェノーメノ、19年2着エタリオウ、どちらも1人気に支持されていた人気馬で、2・3人気は「0-0-0-6」、4人気以下は「0-0-0-7」と2人気以下の好走例がない点は少々気がかり。今年はエタリオウ、クレッシェンドラヴ、スティッフェリオ、マイネルカレッツァの4頭が出走予定。