29日に中京競馬場で行われる高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去8年で最多となる5回の馬券絡みがアドマイヤムーン。4回でキングカメハメハが続き、2回がダイワメジャー、ディープインパクトとなっている。

 アドマイヤムーン産駒は「2-2-1-4」。昨年、12人気ながら2着に好走したセイウンコウセイは17年の勝ち馬。現在、3年連続で連対馬を送り出しているほか、ハクサンムーンが15年6人気2着、13年10人気3着と人気薄で健闘していた。4年連続の参戦となるセイウンコウセイは今年も侮れないか。

 ディープインパクト産駒は「0-1-1-8」。2度の好走はいずれもミッキーアイル(16年2着、15年3着)によるもので、馬券圏外に敗れた8頭中7頭は6人気以下の人気薄。今年は前走阪神Cで2着に5馬身差を付ける圧巻のパフォーマンスを披露したグランアレグリアに注目が集まる。

 ロードカナロア産駒は「0-0-0-1」。昨年、同産駒として初出走となったダノンスマッシュは1人気4着。ロードカナロア自身も2度目の出走で高松宮記念を制しているだけに見限り早計だろう。今年はステルヴィオ、ダイアトニック、ダノンスマッシュ、グルーヴィットの4頭が特別登録。

 昨年のスプリンターズS勝ち馬タワーオブロンドンは初出走となるRaven's Pass産駒。前走オーシャンS組は「1-2-4-48」で、斤量減で高松宮記念に臨むパターンは12年の勝ち馬カレンチャンと同じ。1200m転向後は大崩れもなく、得意の高速馬場になれば好走必至だろう。