今年初戦のAJCC(GII)を快勝したブラストワンピース(牡5・美浦・大竹正博)が、26日(木)、来週の大阪杯(4/5・GI・阪神芝2000m)に向けてウッドチップコースでハルサカエ(牝4・3勝クラス)と併せて追い切りを行った。追い切り後の大竹調教師のコメント。

「前走(AJCC・GII・1着)は故障した馬がいましたし、結果を額面通り受け止めても良いのかというのもありますが、いずれにしても今後に向けて良いスタートを切れたと思います。

 先週は少しドタドタとした走りでしたが、今週は良くなってきました。これまで3、4コーナーでモタつくところがあったのですが、そのあたりもかなり良くなっていて、その点はAJCCを使った分の上積みもあるのだと思います。全体的に遅く見えましたが、時計は出ていて、その点も良かったです。

 昨年のこのレースはポジションが後ろでしたし、スローだったので、この馬には流れが向かなかったですね。札幌記念(GII)で勝っていますし、小回りの2000mでも問題ないと思います。

 この後は週末に坂路でやって、来週は川田騎手が乗って調整程度の追い切りをする予定です」

(取材・文:佐々木祥恵)