2着馬までにダービーの優先出走権が与えられる青葉賞。本番の日本ダービーと同じコース距離で行われるトライアルレースだ。

 だがこのレースの優勝馬からは最高が2着で、いまだダービー馬が出ていない。どうしても皐月賞組とは力の差がある印象だけに、今年の出走馬のレベルがどの程度なのかにも注目したいレースだ。

 ◎はサトノクラウンの半弟、フィリオアレグロ。

 1番人気に応えた東京の新馬戦の後、休養を挟んで臨んだ共同通信杯では休み明けの分もあったのか、3着に敗れた。今回も放牧明けとなるが、馬体重は前走時より絞れており、調整も順調そうだ。

 兄が日本ダービーで3着ということを考えても、距離延長もプラスに働くだろう。ここは好勝負必至とみた。

 〇にオーソリティ。前走の弥生賞は3コーナーから早めに動く形になった割には最後も粘っており、3着と踏ん張っている。優先出走権を得た皐月賞は回避し、短期放牧を挟んでここを目標に順調に調整されており、距離延長もプラスに働きそう。

 鞍上も2度目の騎乗になり、特徴を掴んでいるだろうし、レース振りからも広い東京に替わって距離延長がプラスに働きそう。

 ▲はメイショウボサツ。東京と同じ左回りの中京で2200mの大寒桜賞を勝ってここに駒を進めてきた。中京の芝2000mの未勝利で2歳のコースレコードをマークしたように、素質も非凡。また大寒桜賞組が2013年から毎年馬券に絡んでおり、その点も強調材料となりそうだ。

 △は未勝利、2400mのアザレア賞と連勝しているフライライクバード。テンションが高くならなければ、上位争い必至。

 もう1頭は大寒桜賞2着のディアスティマ。器用さに欠けるタイプで、広い東京コースに替わるのはプラス材料だ。

 ホースマンなら誰もが夢見る日本ダービー。その優先出走権が付与される上位2頭を目指して18頭がひた走る。青葉賞は5月2日(土)、15時45分発走。

(文=佐々木祥恵)