5月3日に行われる天皇賞・春(4歳上・GI)の舞台となる京都芝3200m。このコースについて解説していく。

 なお、京都の芝コースは内回りと外回りがあるが、3200mは外回りコースを使用する。また、3200mを使用するレースは、年に一度、この天皇賞春だけだ。

 芝3200mは向正面直線の半ばからのスタート。初角となる3コーナーまでは400mほどで、スタート後に約4m上る形となる。3コーナー中間地点から4コーナー入り口にかけて一気に下り、直線コースはほぼ平坦。2周目の向正面で再度、スタート直後に上った丘が待ち構えており、2度の坂越えをこなす必要がある。ゴール前直線は403.7m。

 近5年の馬券圏内15頭中12頭までもが4コーナー5番手以内で、直線一気は難しい。消耗戦になるため、力のある馬は自然と4コーナーまでに順位が上がっているということだろう。

 菊花賞が行われる京都芝3000mとの違いは、3000mは初角までの距離が200mほどしかない点と、3000mは上り坂の途中からのスタートになる点の2つ。

 3回京都開催は前半6日間をCコースで、後半6日間をDコースで行う。2回京都開催はBコース施行だったので、そこからさらに3m外へ柵が移動する形だ。内側の荒れた部分がカバーされる形になり、また時期的にも気温が上がって芝の生育が旺盛になってくるため、時計が出やすい開催だといえる。1、2回京都は時計の掛かる状態だったが、先週の競馬を見る限り、3回京都は標準的な軽い芝でフラットな状態と考えて良さそうだ。