2日、京都競馬場で行われた矢車賞(3歳・牝・1勝クラス・芝2200m)は、道中は中団でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気ソフトフルート(牝3、栗東・松田国英厩舎)が、直線で馬の間を割って脚を伸ばし、大外から抜け出しを図っていた2番人気アカイイト(牝3、栗東・中竹和也厩舎)との追い比べを制して、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分13秒3(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に3番人気アンサンブル(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)が入った。

 勝ったソフトフルートは、父ディープインパクト、母ストロベリーフェア、その父Kingmamboという血統。2月の未勝利戦に続く通算2勝目を飾った。