2日、東京競馬場で行われた第27回青葉賞(3歳・GII・芝2400m)は、中団前でレースを進めたL.ヒューイットソン騎手騎乗の3番人気オーソリティ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)が、直線での追い比べを制してゴール直前で抜け出し、2着の4番人気ヴァルコス(牡3、栗東・友道康夫厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分23秒0(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気フィリオアレグロ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)が入った。なお、2番人気フライライクバード(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は8着に終わった。

 勝ったオーソリティは、父オルフェーヴル、母ロザリンド、その父シンボリクリスエスという血統。初の東京にきっちり対応し、重賞初制覇を飾った。

 本レースで2着以内に入ったオーソリティとヴァルコスは、5月31日に東京競馬場で行われる日本ダービーの優先出走権を獲得した。