5/3(日)は東京・京都・福島の3場開催。天気は東京と福島が晴れ、京都が晴れのち曇りの予報となっている。

■天皇賞・春で昨年の覇者フィエールマンらが激突
 京都11Rは芝3200mの天皇賞・春(GI)。春の長距離王決定戦で、昨年の覇者フィエールマン、阪神大賞典を勝利したユーキャンスマイル、日経賞を制したミッキースワロー、武豊騎手と初コンビを組む菊花賞馬キセキらが激突する。

■オークストライアル・スイートピーS
 東京11Rは芝1800mで行われる3歳牝馬のリステッド競走・スイートピーS。1着馬にはオークスへの優先出走権が与えられる一戦で、クイーンCで4着のアカノニジュウイチ、チューリップ賞5着のスマートリアン、3月の新馬戦以来となる良血デゼルらが権利獲りを目指す。

■京都10R・端午Sにテイエムサウスダンなど
 京都10Rはダート1400mの3歳オープン特別・端午S。兵庫ジュニアグランプリと昇竜Sを制しているテイエムサウスダン、1勝クラスを4馬身差で完勝したオーロラテソーロ、全日本2歳優駿・2着以来となるアイオライトなどが出走する。

■福島メイン・バーデンバーデンCにコウエイダリアなど
 福島11RはバーデンバーデンC。昨年まではオープン特別で、今年から3勝クラスとなった芝1200m戦だ。前走で2勝クラスを突破したコウエイダリアとナムラムツゴロー、昨年7月以来の復帰戦となる重賞2着馬ホウオウカトリーヌなどが出走。

■高橋義忠調教師のバースデー
 レッドジェニアルなどを管理する栗東・高橋義忠調教師が51歳の誕生日を迎えた。本日管理馬は、京都10R・端午Sにスリーグランドが出走を予定している。

■京都3Rの未勝利で注目馬がデビュー
 京都3Rは芝1600mの3歳未勝利戦。通算6勝をあげたバーバラの全弟オーバーテイカーが武豊騎手を背にデビューを飾る。既走馬相手にどのような走りを披露するか。既走馬では、ジェンティルドンナの全妹ダブルアンコールなど。

■京都5Rの3歳1勝クラスで良血馬激突
 京都5Rは芝1400mの3歳1勝クラス。シーザリオの仔ファーストフォリオ、ファンタジストの全妹ボンボヤージ、サトノワルキューレの全妹シャドウブロッサムら、良血馬が激突する。

■地方では4重賞
 帯広競馬場では20時10分にばんえい十勝オッズパーク杯が行われ、センゴクエース・コウシュハウンカイ・オレノココロら好メンバーが激突する。他にも、水沢競馬場では17時30分にダイヤモンドC、高知競馬場では18時00分に黒潮皐月賞、佐賀競馬場では18時10分に佐賀皐月賞と、各地区の3歳三冠の1冠目が行われる。