3日、京都競馬場で行われた第161回天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m・1着賞金1億5000万円)は、道中は中団後方でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気フィエールマン(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で外から脚を伸ばし、先に一旦は抜け出していた11番人気スティッフェリオ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)との競り合いを制して、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分16秒5(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に4番人気ミッキースワロー(牡6、美浦・菊沢隆徳厩舎)が入った。なお、2番人気ユーキャンスマイル(牡5、栗東・友道康夫厩舎)はミッキースワローとクビ差の4着、3番人気キセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)は6着に終わった。

 勝ったフィエールマンは、父ディープインパクト、母リュヌドール、その父Green Tuneという血統。写真判定に持ち込まれた大接戦を制し、史上5頭目の春盾連覇を果たした。また鞍上のC.ルメール騎手は、史上初となる春秋通じた天皇賞の4連勝を達成した。