3日、東京競馬場で行われたスイートピーS(3歳・牝・リステッド・芝1800m)は、道中後方でレースを進めたD.レーン騎手騎乗の1番人気デゼル(牝3、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で大外から脚を伸ばして残り200m地点で抜け出し、2着の5番人気スマートリアン(牝3、栗東・石橋守厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒1(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に4番人気アカノニジュウイチ(牝3、美浦・尾関知人厩舎)が入った。なお、2番人気クリスティ(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)はアカノニジュウイチとハナ差の4着、3番人気ミアマンテ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)は17着に終わった。

 勝ったデゼルは、父ディープインパクト、母アヴニールセルタン、その父Le Havreという血統。3月の未勝利戦に続くデビュー2連勝を飾り、5月24日に東京競馬場で行われるオークスの優先出走権を獲得した。