3日、京都競馬場で行われた第161回天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m・1着賞金1億5000万円)は、道中は中団後方でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気フィエールマン(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で外から脚を伸ばし、先に一旦は抜け出していた11番人気スティッフェリオ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)との競り合いを制して、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分16秒5(良)。

【豆知識】
◆フィエールマンは、メジロマックイーン(1991、1992年)、テイエムオペラオー(2000、2001年)、フェノーメノ(2013、2014年)、キタサンブラック(2016、2017年)に続く史上5頭目の天皇賞・春連覇。2年とも1番人気での連覇はテイエムオペラオー以来、史上2頭目。

◆ディープインパクト産駒のGI・3勝以上馬はジェンティルドンナ(7勝)に続き2頭目。牡馬では初。

◆上がり3F最速は1着フィエールマンの34秒6。2位タイは2着スティッフェリオと4着ユーキャンスマイルの35秒1。4位タイは3着ミッキースワローと5着トーセンカンビーナの35秒3。上がり上位馬がそのまま上位も独占。

◆C.ルメール騎手は、2018年秋のレイデオロ、2019年春のフィエールマン、秋のアーモンドアイに続き、史上初の天皇賞4連覇。

◆馬体重340kgのメロディーレーンは、1986年以降の3歳上・4歳上JRAGI最軽量出走馬に。