3日、水沢競馬場で行われた第40回ダイヤモンドC(3歳・重賞・ダ1600m・1着賞金500万円)は、先手を取った鈴木祐騎手騎乗の2番人気グランコージー(牡3、岩手・櫻田康二厩舎)が、後続を突き放してゴールまで逃げ切り、2着の1番人気フレッチャビアンカ(牡3、岩手・千葉幸喜厩舎)に9馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒3(良)。

 さらに2馬身差の3着に4番人気リュウノチョッパー(牡3、岩手・板垣吉則厩舎)が入った。なお、3番人気サンエイキングダム(牡3、岩手・佐藤浩一厩舎)はリュウノチョッパーと5馬身差の4着に終わった。

 勝ったグランコージーは、父ベルシャザール、母アドマイヤプルート、その父アドマイヤコジーンという血統。若駒賞、寒菊賞に続く重賞3勝目を飾り、岩手3歳三冠の1冠目を手にした。

 本レースで3着以内に入ったグランコージー、フレッチャビアンカ、リュウノチョッパーは、6月7日に盛岡競馬場で行われる東北優駿の優先出走権を獲得した。