出走馬唯一のGI馬レシステンシアが人気の中心となりそうだが、他にも多くの有力馬が顔を揃えている。3歳マイル王に輝くのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/10(日) NHKマイルC(3歳・牡牝・GI・東京芝1600m)

 レシステンシア(牝3、栗東・松下武士厩舎)は昨年の阪神JFを2歳コースレコードで圧勝。前走の桜花賞は2着に敗れたが、自身も上々の粘りを発揮する負けて強しの内容だった。世代屈指のスピード能力を持っていることは間違いなく、巻き返してのGI・2勝目を期待したい。鞍上は初コンビとなるC.ルメール騎手。

 サトノインプレッサ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)はデビュー3連勝で毎日杯を差し切りV。東京コースは初めてとなるが、長い直線で持ち前の末脚は十分に生きるだろう。前走に続く武豊騎手とコンビで、無敗の3歳マイル王の座に就くことができるか。

 タイセイビジョン(牡3、栗東・西村真幸厩舎)は前哨戦のアーリントンCを完勝。昨年の京王杯2歳Sに続く重賞2勝目を飾り、目標のここに向けて好発進を切った。東京コース経験はアドバンテージとなるはずで、戴冠のチャンスは十分にあるだろう。鞍上は引き続き石橋脩騎手。

 その他、デビュー3連勝でニュージーランドTを制したルフトシュトローム(牡3、美浦・堀宣行厩舎)、スプリングSで3着のサクセッション(牡3、美浦・国枝栄厩舎)、アーリントンCで2着のギルデッドミラー(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)、ファルコンSの覇者シャインガーネット(牝3、美浦・栗田徹厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。