アドマイヤビルゴに注目したい。重賞初制覇を飾り、ダービーへ歩を進めることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/9(土) 京都新聞杯(3歳・GII・京都芝2200m)

 アドマイヤビルゴ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)はセレクトセールにて6億2640万円で取引された超高額馬。デビュー2連勝中で、前走の若葉Sでは好時計で2着に2馬身差を付けるハイレベルな走りを披露した。ここで重賞タイトルを手にして、堂々とダービーへ向かいたいところだ。鞍上は藤岡康太騎手。

 ファルコニア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)は未勝利と1勝クラスを連勝。続く前走のスプリングSは4着に敗れたが、前半で後手を踏んでしまったことが最後の伸びに響いたか。距離延長は問題なさそうで、巻き返しを期待したい。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、リステッドのすみれSと若駒Sで2着のアリストテレス(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)、2連勝中のルーラーシップ産駒マンオブスピリット(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)、皐月賞・10着から巻き返しを期すディープボンド(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)、シルバーステートの半弟シルヴェリオ(牡3、栗東・池添学厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。