10日に新潟競馬場で行われる新潟大賞典(4歳上・ハンデ・GIII・芝2000m)の斤量が以下のように確定した。

 7か月ぶりの復帰となるエアウィンザー(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)、2018年の中日新聞杯覇者ギベオン(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)、オープン5勝のダイワキャグニー(牡6、美浦・菊沢隆徳厩舎)の3頭が57.5kgでトップハンデとなっている。

アウトライアーズ 54.0
アップクォーク 54.0
アドマイヤアルバ 53.0
アドマイヤジャスタ 54.0
アトミックフォース 54.0
インビジブルレイズ 56.0
エアウィンザー 57.5
カツジ 56.0
ギベオン 57.5
ケイデンスコール 56.0
ゴールドサーベラス 54.0
サトノクロニクル 57.0
サトノフェイバー 56.0
サラス 53.0
シャイニープリンス 54.0
ダイワキャグニー 57.5
ドゥオーモ 53.0
トーセンスーリヤ 54.0
ブラヴァス 55.0
ブラックスピネル 57.0
プレシャスブルー 54.0
ブレステイキング 56.0
メートルダール 56.0
レイホーロマンス 51.0
レッドガラン 56.0