5日、園田競馬場で行われた第56回兵庫大賞典(4歳上・重賞・ダ1870m・1着賞金2000万円)は、好位の内でレースを進めた下原理騎手騎乗の1番人気タガノゴールド(牡9、兵庫・新子雅司厩舎)が、直線で外に出されて突き抜け、最後は2着の3番人気ジンギ(牡4、兵庫・橋本忠明厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒6(良)。

 さらにクビ差の3着に2番人気エイシンニシパ(牡7、兵庫・橋本忠明厩舎)が入った。

 なお、7番人気キクノステラ(セ8、兵庫・田中範雄厩舎)は2コーナーで競走を中止した。

 勝ったタガノゴールドは、父ゴールドアリュール、母アンテヴォルテ、その父ブライアンズタイムという血統。通算成績はこれで53戦14勝、重賞は8勝目となった。