7頭立てとはいえGI/JpnI勝ち馬4頭が出走し、JpnIの面目を保つメンバーになった。しかし結果は、なんとも微妙なものだった。図らずもスローに持ち込めたワイドファラオが逃げ切って、注目のモズアスコット、ルヴァンスレーヴはまったく能力を発揮できず。唯一の地方馬ナンヨーオボロヅキは別として、人気2頭が中央6頭ではうしろからの1、2着という結果を予想するのはなかなかに難しい。

 モズアスコットがスタートで躓いたのに驚いたわけではないのだろうが、となりのサンライズノヴァも両前脚を折るような感じで出遅れ、ルヴァンスレーヴもタイミングが合わず、外枠人気3頭が揃って出遅れた。フェブラリーSでハナを主張して競り合ったアルクトスも今回は控えて3番手。これで普通にスタートを切った最内枠のワイドファラオは、願ってもない単騎の楽な逃げが叶った。

 前半3F-4Fが36.8-49.6で、後半4F-3Fは49.0-36.3。ともに後半のほうが速いという典型的なスローペース。それでも早めに2番手をキープしたルヴァンスレーヴが完調とまではいかないまでも、8割程度の力でもあれば差し切っていたかもしれないが、逆に直線ではほとんどレースをやめてしまった。

 やや離れた4番手を追走したモズアスコットは、3コーナーあたりからムチを入れてもペースアップについていけず、同じような位置を追走していたケイティブレイブからも置かれてしまった。フェブラリーSのあと予定していたオーストラリア遠征がコロナの影響で直前に取止めとなって、出走した高松宮記念が初めての1200m戦で13着。そうしたローテーションが狂った影響はあったのかもしれないし、初めての地方で、コーナーを4つ回るコースもデビュー戦以来。後付けの敗因ならいくらでも考えられる。

 レースの上り(36秒3)=ワイドファラオの上りで、それより速いタイムで差を詰めたのは、能力を発揮できなかった人気2頭以外のJpnI勝ちの2頭。しかしワイドファラオはみずからスパートして十分に差を広げており、上り36秒0で2着のケイティブレイブ、36秒2で3着のサンライズノヴァを寄せ付けなかった。

 福永祐一騎手の「向正面でも2番手からのプレッシャーがなかった」というコメントでも、ワイドファラオは相当楽なペースでの逃げだったことがわかる。有力2頭が万全の状態になかったことにも助けられた。

 普通にスタートを切ったケイティブレイブは、モズアスコットのうしろ5番手まで下げての追走。当然有力2頭を目標にレースを進めていただろうから、3コーナーからペースアップしたワイドファラオにセーフティリードを与えてしまったのは仕方ない。むしろラチ沿いうまく回ってきての2着は、フェブラリーSに続いての健闘といえる。