6日、船橋競馬場で行われた第34回東京湾C(3歳・重賞・ダ1700m・1着賞金1800万円)は、中団後方でレースを進めた山崎誠士騎手騎乗の3番人気マンガン(牡3、川崎・田島寿一厩舎)が、3〜4コーナーで外を回って徐々に追い上げて直線でも脚を伸ばし、早め先頭で粘った1番人気エメリミット(牡3、船橋・林正人厩舎)をゴール前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分48秒6(良)。

 さらに3馬身差の3着に2番人気デスティネ(牡3、大井・渡辺和雄厩舎)が入った。

 勝ったマンガンは、父アイルハヴアナザー、母スマートストーム、その父アグネスタキオンという血統。重賞で2着が3回と惜しい競馬が続いていたが、ここで待望の重賞初制覇を飾った。通算成績はこれで10戦4勝。

 本レースで2着以内に入ったマンガンとエメリミットは、6月3日に大井競馬場で行われる東京ダービーの優先出走権を獲得した。